雪崩式フランケンシュタイナー

新日本プロレスファンの「贅沢な時間」をもっと贅沢にするブログ

【分析】イッテンヨンの全カードが決定!冷静にまとめてみる

 

遂にイッテンヨンの全カードが決定しました!

www.njpw.co.jp

 

遂に実現したあのカードや、賛否両論を巻き起こしているあのカード等々ありますが、今回は珍しく冷静にイッテンヨンのカードを分析していこうと思います。

そのため、今回は妄想封印で進めていきます!

 

 

2018と2019を比べてみた

まずはいくつかの項目に分けて、2018と2019を比べてみたいと思います。

 

■第0試合

・2018 : 1分時間差バトルロイヤル ~ニュージャパンランボー

・2019 : NEVER無差別級6人タッグ王座 ナンバーワン・コンデンター・ガントレットマッチ

 

毎年恒例だったニュージャパンランボーが、2019は最近流行りのナンバーワンコンテンダーマッチに変更されました。

2018は第0試合に20名のレスラーが出場しましたが、2019もそれに匹敵する数のレスラーが出場するのではないでしょうか。

どのようなチームが出場するのか、またの機会で妄想させて頂きます。

 

■出場レスラー(第1試合〜第8試合)

・2018 : 37名

・2019 : 26名

 

2019は3wayが横行しているものの、出場レスラーは2018と比べて少ないです。まあNEVER無差別級6人タッグガントレットマッチがないからですけどね。

今まで、NEVER無差別級6人タッグガントレットマッチのお陰で多くのレスラーがイッテンヨンに出場できていました。今年はこれがなくなってしまったので、現地観戦する人で「今年は推しレスラーが出ないの?」なんて思ってらっしゃる方もいると思うのです。

レスラーが飽和状態の中、どのような解決策を考えているのか。その答えのヒントも発表されましたが、詳しく取り上げるのはまたの機会に。

 

ユニット別出場レスラー

次に、2019のイッテンヨンの出場レスラーを、ユニット別に見ていきたいと思います。

 

■本隊

・出場レスラー:3名(棚橋、KUSHIDA、ジュース)

・試合が決まっていない主なレスラー:真壁、田口

 

出場レスラーが少なくなった中、見事ジュースが2018の6人タッグ枠からシングルマッチを勝ち取りました。

試合が決まっていないレスラーもちらほらいますが、個人的にまあ仕方ないかなあなんて思ってしまう次第です。これが本隊弱体化の現実か…!

 

■CHAOS

・出場レスラー:5名(オカダ、石井、オスプレイ、SHO、YOH)

・試合が決まっていない主なレスラー:後藤、矢野

 

今年のG1でベストバウト級の試合を連発した石井が、2018の6人タッグ枠からブリティッシュヘビー級のチャンピオンとしてイッテンヨンに臨みます。

一方でイッテンヨンで毎年のようにタイトルマッチを戦ってきた後藤がまさかの落選、第0試合に回ってしまうのでしょうか。。

 

■バレットクラブ

・出場レスラー:4名(ジェイ、石森、タマ、ロア)

・試合が決まっていない主なレスラー:ファレ

 

主要なメンバーはほぼほぼ出場が決定している印象なのがバレットクラブ。

注目は石森、今年から新日に参戦し約半年でジュニアの至宝をかけて戦います。これぐらいの待遇を用意しないと良いレスラーは引き抜けないんでしょうねえ。

 

■The Elite

・出場レスラー:4名(ケニー、ニック、マット、Cody)

・試合が決まっていない主なレスラー:裕二郎、チェーズ

 

IWGP王者のケニーを擁するThe Eliteからは、4名が出場です。巡業に帯同している裕二郎、チェーズは落選という少し残念な結果に。(個人的にはペイジも見たかった…!)

この現状はどう見るべきか、レスラーの働き方を考える良い機会かもしれません。

とはいえヤングバックスの出場させ方には少し疑問があるので、これもまたの機会に。

 

■鈴木軍

・出場レスラー:3名(ザック、デスペラード、金丸)

・試合が決まっていない主なレスラー:鈴木、タイチ

 

一番のサプライズとなったのが鈴木軍、なんとリーダーの鈴木みのるの出場が決まっていません。更には最近赤丸急上昇中のタイチも落選とは。。

鈴木みのるに関しては去就も注目されますが、こちらの妄想もまたの機会で。

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 ・出場レスラー:5名(内藤、EVIL、SANADA、BUSHI、鷹木)

・試合が決まっていない主なレスラー:ヒロム(欠場中)

 

少数精鋭のロスインゴは、欠場中のヒロム以外すべてのレスラーの出場が決まっています。さすが人気ナンバーワンユニット…!

こちらも途中加入の鷹木がめでたく出場枠を勝ち取りました。「外様でも実力があればすぐにビッグマッチに出れるんだぞ!」とアピールしているような気もしなくもないのですが、まあ少し考え過ぎでしょう。

 

■研究所

・出場レスラー:1名(飯伏)

 

研究所の所長が、NEVERのチャンピオンとして堂々のイッテンヨン参戦です。

しかも第1試合、いきなりオスプレイとのタイトルマッチとはイッテンヨンはエンジン全開だなあ。

 

■海外勢

・出場レスラー:1名(ジェリコ)

 

昨年に引き続き、スーパースターのジェリコが参戦です。まあ海外からの注目を集めるためにはビッグネームが必要という事でしょう。

蝶野さんが危惧するように新日本プロレスが乗っ取られなければいいのですが。。

 

まとめ

まあこんな感じで妄想封印してイッテンヨンのカードについて分析してみました。特にユニット別の出場レスラーをまとめると、勢力図がよくわかりますよね。

所々で溢れ出しそうだった妄想は、また別の記事で。。

 

新しい試みとして、以下のようなアンケートを設置してみました。

お時間は取らせません、皆さんのご回答をお待ちしております!!

 

 

 

ご覧頂き有難う御座いました。

 

【楽天マガジン】週刊プロレスが月額380円(税抜)で!

【闘魂SHOP】新日本プロレスグッズはこちらから!!

 

プロレス情報はこちらから!下のリンクからブログをチェック!


にほんブログ村