雪崩式フランケンシュタイナー

新日本プロレスファンの「贅沢な時間」をもっと贅沢にするブログ

【妄想】幻の試合が実現!タイチは○○ができる男だ!!

 

ついに12.9の全カードが発表されました!

ワールドタッグリーグの決勝からNEVERのタイトルマッチ、更には久々にケニーも参戦して、見所盛りだくさん。そんな中、見慣れない単語が目に付きました。

 

 

NEVER無差別級王者 ナンバーワン・コンテンダーマッチとはなんぞや…?

f:id:avalan_ken:20181208160827j:plain

出典:新日本プロレスHP

 「この試合の勝者が、後藤vs飯伏の勝者に挑戦という形になりそうだ。」との事なので、簡単に言うと次期挑戦者決定戦という意味合いのようです。

 

タイチがNEVERの王者だった際、オスプレイを防衛戦の相手に指名しましたが、オスプレイのケガで中止、後藤とのリマッチとなってしまったので、もう行われる事がないと思われていた幻の試合が今回実現した格好になりました。

当時のゴタゴタについては、以前も当ブログで取り上げております。

www.nadare-shiki.com

 

正直、この次期挑戦者決定戦の勝敗は見え見えなのですが、この試合が決まった時に私はこう思いました。

 

 

 

タイチは仕事ができる男だ!!

 

 

 

 

そんなタイチをサラリーマン的視点で考えてみたいと思います。

 

 

 

試合の意義

そもそもこの試合には違和感があります。

オスプレイが負傷した際、後藤とのリマッチではなくタイトルマッチを延期すれば良かったのでは? 今回のコンテンダーマッチをそのままタイトルマッチにすれば良かったじゃん、というわけです。

 

詳細がわからないので憶測でしか物が言えませんが、恐らくはオスプレイが負傷した際に復帰の時期が見えなかったのだと思っています。

怪我の回復が順調だったため、この試合は実現したのでしょう。

 

ただそれはこの試合をやる理由にはなりません。

飯伏がNEVERの新チャンピオンになる前提ですが、この試合がなくてもオスプレイが挑戦者に立候補or飯伏が指名するのはおかしな流れではないからです。特にオスプレイは飯伏を今まで散々意識してきましたからね。

 

ではなぜこの試合が実現したのか。
これまた推測ですが、タイトルマッチの敗者にリマッチ権を行使させない為ではないでしょうか。私の妄想では、その敗者は後藤。。

リマッチ関連では以前かなりゴタゴタしてしまったので、ストーリーが雑にならないように会社側が先回りして手を打ったのでしょう。

 

用意周到

そんな魂胆も見え隠れするこの試合ですが、試合が決まって一番トクをしたのはタイチではないでしょうか。なんたってシングルマッチをやる機会が1回増えた訳ですから。

 

オスプレイが復帰が早かったのが幸運だったとはいえ、タイチが運だけでこのチャンスを掴んだ訳ではありません。しっかりと下準備を進めてきました。

 

タイチがイギリス遠征に行った際、オスプレイに襲撃をさせたり、NEVERを再度狙うようなツイートをしたり。。

 

周りを固める事によって、会社にタイトルマッチをさせなければいけない空気を作り出す事に成功しています。

 

シングルマッチをやるなんてなったら、会社としてもそれ相応のレスラーを出さなければいけません。タイチはそういう面からも会社からの信頼を得ているのが伺えますね。

 

サラリーマンタイチ

そんな狡猾さも持ち合わせたタイチのやり方は、サラリーマンとしても見習うべきだと思います。今回なんかは、まさに社内営業の賜物だなあと。

 

サラリーマンに例えると今回のタイチは、社内の人間に自分ならできるとアピールし、見事にプロジェクトのメンバーに任命されたような感じでしょうか。

 

タイチはなんて出来る男なんだ…!

 

新世代のプロレスラー

ここで少し話は変わります。

プロレスラーにおいてキャラクターというのはなくてはならない要素。そんな彼らにとってSNSというのは自己アピールの為の必須アイテムです。

個人的には、サラリーマンで言うところのPCスキルと同じくらい重要ではないか、なんて思ったりしています。

 

私もツイッターは逐一チェックしているのですが、中でもタイチは抜群に使い方が上手い。NEVERの挑戦者のアンケートをしてみたり、ファイプロの総監督に噛み付いてファミ通で対談を実現させたり。。

 

営業職をされてる方ならわかると思いますが、仕事を取る為にはまず種蒔きをしなければいけません。お客様に足繁く訪問したり、時には一緒にご飯を食べたり。。

そんな日々の地道な活動から、新規の仕事の芽が出て花が開くんですよね。

 

タイチの場合は、この種蒔きをSNSを通じて効果的に行なっているように思います。ほぼ毎日ツイートしてますしね、結構マメな男です…!

 

まとめ 

今回はレスラーを一人のサラリーマンとして見ていきましたが、こういう視点も面白いですよね。

私なんて、プライベートの時間に仕事の事はなるべく考えたくないなんて思っているゆとり全開の人間なのですが、タイチから働き方を少し学んだ気がしています。(拡大解釈かもしれないがそこは置いておいて)

 

最後にお知らせです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、わたくしツイッターをやっておりまして、発作的に妄想をつぶやいたりしております。

ちなみに最近は、WTLの公式戦最終日だった12.7秋田大会の試合順が決まった際に妄想が爆発!WTL決勝はイビサナvsKESだ!!なんて突拍子もないツイートをしてしまいました。

どのような展開でイビサナvsKESなんて結論に至ったのか、気になる方は下のフォローボタンから私のツイッターに飛んでみてください。

 

ご覧頂き有難う御座いました。

 

【楽天マガジン】週刊プロレスが月額380円(税抜)で!

【闘魂SHOP】新日本プロレスグッズはこちらから!!

 

プロレス情報はこちらから!下のリンクからブログをチェック!


人気ブログランキング


にほんブログ村