雪崩式フランケンシュタイナー

新日本プロレスファンの「贅沢な時間」をもっと贅沢にするブログ

【妄想】棚橋・オカダのタッグは○○します!

 

ついに実現しましたね、棚橋・オカダのドリームタッグ!

f:id:avalan_ken:20181201093958j:plain

出典:新日本プロレスHP

 

タッチするだけでも盛り上がり、ツープラトンなんてしたらもう。。

 

 

 

そんな、ファン垂涎の光景が繰り広げられた後楽園ホール2連戦、ただ試合結果を見ると棚橋・オカダは2連敗。

ドリームタッグは厳しいスタートとなりました。。。

 

棚橋・オカダの動向については当ブログでも以前から注目しており、勢いあまって「共闘はまだまだ先だ!」なんて見当違いな記事を上げたこともありました。

 

www.nadare-shiki.com

(もう全く話題になっていませんが、棚橋・飯伏の関係はどうなった…?)

 

そんな私ですが、このタッグが決定した時から、なんともいえないモヤモヤが心の中に渦巻いていました。(もも、妄想が外れたからと言う訳ではないんだからね!)

そして後楽園ホールでの2試合を観て、そのモヤモヤの正体がわかりました。

ズバリ申し上げましょう。

 

 

 

 

 

 

棚橋・オカダのタッグは全敗します…!

 

 

 

 

 

 

 

倒すべき敵

そもそもこのタッグが結成された理由はなんだったでしょう。

煽り動画では「共通の敵、ジェイ・ホワイトを前に初タッグ」なんて紹介がされていましたが、果たしてそうなのか。。

 

オカダがジェイに対して敵対心を持っているのはわかります。でも棚橋ってそんなにジェイに対抗心を燃やしてましたっけ…?

 

たしかにジェイがオカダを襲撃した際に助けに入り、反撃を食らっていたりしました。でもそれって自業自得じゃ…?(失礼)

 

今年、棚橋とジェイのシングルマッチは3回、イッテンヨンのインターコンチとG1公式戦、権利書争奪戦。そこで棚橋は2勝1敗と勝ち越している事からも、それほど意識すべき相手とは言えないと思うのです。

 

そう考えると、こんな答えに辿り着きました。

 

ジェイ及びバレットクラブの格上げ…!

 

棚橋・オカダでも倒せないなんて、バレットクラブはなんて危険な奴らなんだ!?

そう思わせるのがドリームタッグの使命なのではなかろうか。。

 

ジェイ=フリーザ

東スポ岡本氏が実況席で「悟空とべジータが組んでフリーザに立ち向かっているよう、今のジェイ・ホワイトフリーザ並みの強さだ」なんてコメントをされていましたが、 まさにその通り。

 

むしろ棚橋とオカダの2人でジェイをフリーザ最終形態まで持って行くのがこの試合の目的なのです。

 

来年はフリーザ&ギニュー特戦隊新日本プロレスで暴れまわるかもしれません。

バレットクラブの誰がギニューで誰がリクームなのかは、また別の記事で。。(嘘です)

 

まとめ

あくまでここは前哨戦、今のうちにバレットクラブへのヘイトを溜めて、イッテンヨンのオカダvsジェイに期待しましょう。

 

とか言って、次の試合で棚橋・オカダが勝ったりするんですよね。笑

その時は私の戯言だと思って忘れてください。。

 

昨年はこのシリーズでイッテンヨンのメインイベントの前哨戦が行われていました。

ただ単にケニーをこのシリーズにブッキングできなかったため、余ってしまった棚橋を無理やりオカダと組ませたとか。。

そう考えると、オカダの「会社に言われて」発言も納得かも…?

 

これ以上言うと、当ブログへのヘイトが溜まってしまいそうなので、この辺で。。

 

ご覧頂き有難う御座いました。

 

【楽天マガジン】週刊プロレスが月額380円(税抜)で!

【闘魂SHOP】新日本プロレスグッズはこちらから!!

【2019/1/4まで】Amazon Music Unlimitedが3か月99円!!

 

このブログは今何位?下のリンクからチェック!


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村