雪崩式フランケンシュタイナー

新日本プロレスファンの「贅沢な時間」をもっと贅沢にするブログ

【妄想】プロレス王の目指す先は…?

 

まずはお礼をば。

当ブログの「はてなブログ読者」(この表現が正しいかわかりませんが)が 100名を突破しました!

f:id:avalan_ken:20181123082450p:plain

 

誠に有難う御座います!!

 

当ブログまで辿り着いた経緯は様々かと思います。

ただ、数あるブログの中で読者登録までして頂いたことに本当に感謝しております。

 

ブログを始めて約2ヶ月、「自分の考えをアウトプットすること」の大切さを改めて痛感しております。恐らく、ぼーっとプロレスを観ていただけだったら、今ほどの知識を得ることはできていなかったでしょう。

 

もしブログに興味があるようでしたら、思い切って始めてみるといいかもしれませんよ?

 

まだまだ駆け出しブロガーですが、今後とも宜しくお願いいたします。

 

そんなこんなで記事の本編に入っていきたいと思います。

今回はイッテンヨンのカードについて。

実はあの男の試合が決まっていないんですよね。。

 

 

 

 

デビュー30周年の大ベテラン

各ユニットのリーダー格のレスラーの試合が早々に決まる中、あの男だけが取り残されています。

今年デビュー30周年を迎えた大ベテラン、鈴木みのる…!

f:id:avalan_ken:20181123084452j:plain

 

実は私、鈴木みのるのデビュー30周年興行「大海賊祭」に足を運んでいたんですよね。随所で使われているオカダの写真もそのときのものです。(お気づきの方も多いかと思います)

びしょびしょになりながら鈴木みのるvsオカダを観たのはいい思い出です。。

 

そんな余談は置いておいて、プロレス王の試合がまだ決まっていないというのは如何なものか。。

 

 

イッテンヨンのカードは?

鈴木みのるがどのようにイッテンヨンに登場するのか?

まずは現在発表されているカードをおさらいしましょう。(2018年11月23日現在)

 

 

IWGPヘビー級選手権試合

ケニー・オメガvs棚橋弘至

 

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

クリス・ジェリコvs内藤哲也

 

スペシャシングルマッチ

オカダ・カズチカvsジェイ・ホワイト

 

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

KUSHIDAvs石森太二

 

IWGPジュニアタッグ選手権試合 3WAYマッチ

金丸&デスペラードvsSHO&YOHvs鷹木&BUSHI

 

 

今のところ発表されているのはこの5試合。

公式HPには「全8~10試合予定」との記載があるため、残るは最大でも5試合です。

 

残る新日本管轄のベルトはというと。。

・NEVER無差別級6人タッグ

・NEVER無差別級

IWGP USヘビー級

IWGP タッグ

 

他団体では、ブリティッシュヘビー級のタイトルマッチが行われるのが濃厚です。

現王者の石井にザックが挑戦表明をしています。

 (ここ最近のザックの日本語ツイートあざといですよね) 

 

これで合計10試合となりますね。(NEVER無差別級6人タッグIWGPタッグ王者であるGODがベルトを保持しており、現時点でタイトルマッチが行われるかは未定ですが)

 

この中で、鈴木みのるが絡んできそうなベルトとして私が妄想しているものは。。

 

ブリティッシュヘビー級…!

 

え、ザックが挑戦表明してるんじゃ。。

そう、私は石井vsザックvs鈴木の3WAYになると妄想しています。

 

 

気になるコメント

そんな鈴木みのるは、現在ワールドタッグリーグ(以下WTL)に元気に出場中です。

鈴木軍からは3チームが出場しており、同門対決が話題になっていますよね。当ブログでもザック&タイチ組を取り上げていました。

www.nadare-shiki.com

 

早速、11.18後楽園ホールで鈴木&飯塚vsKESの試合が行われました。

試合自体は飯塚がキラーボムを食らってKESの勝利に終わりますが、私には試合後の鈴木みのるのコメントが気になっていました。

 

「査定」 というワードをKESに対して使っています。加えて「合格だ」というコメントも。

ここで1つの側面が浮かび上がりました。

この同門対決で、鈴木みのるはメンバーの査定をしているのだと。

11.29後楽園ホールで行われる鈴木&飯塚vsザック&タイチでも同様の査定が行われるでしょう。

恐らく、鈴木みのるは試合の中で「ザックはまだまだ」と感じるのでは?

 

私が妄想している展開はこうです。

 

 

鈴木&飯塚vsザック&タイチの試合は鈴木みのるがザックからフォールを奪い勝利。

試合後、マイクを使って「おいザック、てめえまだまだだな」とアピール。

次の試合、石井&矢野vsEVIL&SANADAがスタート。

試合後、鈴木みのるが石井を襲撃。

鈴木みのる「ザックなんかよりも、オレと遊んだ方が楽しいだろ?」

石井「いいじぇねえか、2人まとめてぶっつぶしてやるよ!」

みごと3WAY決定!!

 

ちょっと無理がある私の妄想劇場でした。。

 

 

まとめ

レボプロ管轄のタッグベルトの保持者が鈴木&ザック組はもちろん知っています。

なので、あえて「主要ベルトのチャンピオン同士が試合をしたら面白くない!?」という、イッテンヨンならではのお祭り感覚で今回の記事は執筆致しました。

少々妄想に無理があることは目を瞑っていただけると幸いです。。。

 

 

話は飛びますが、以前のブログで取り上げたイッテンヨンのポスターの話。

www.nadare-shiki.com

 

ろけねお様のブログでも取り上げていただき感謝感謝です。。

 

www.loca-neo.com

 

そんな中、メイ社長のブログでもポスターに関する話題が。

www.njpw.co.jp

 

曰く、「ポスター制作はシリーズの3ヵ月前から」とりかかるとの事です。

つまりイッテンヨンのポスターの制作が始まったのは10月頃、タイミング的にはタイチvsオスプレイのNEVERタイトルマッチが決まった頃になります。

その頃から飯伏がポスターに載ると決まっていたとすれば、イッテンヨンでの飯伏vsオスプレイが規定路線だった裏づけにはなるまいか。。

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

ご覧頂き有難う御座いました。

 

【楽天マガジン】週刊プロレスが月額380円(税抜)で!

【闘魂SHOP】新日本プロレスグッズはこちらから!!

 

このブログは今何位?下のリンクからチェック!


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村