雪崩式フランケンシュタイナー

新日本プロレスファンの「贅沢な時間」をもっと贅沢にするブログ

【雑記】メイ社長にお願いしたいコト

 

皆さまこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は、ふるさと納税で大量にもらった豚肉を消費するため、日々切磋琢磨しています。

 

今回は趣向を変えて、こんな事をすればもっとファンが喜ぶのでは?という提案を、僭越ながら新日本プロレスに対してさせて頂こうと思います。

 

 

新日本プロレスにお願い。。

シリーズの谷間、こんな時こそ過去の試合を観返しておきたいなあと思ったりしませんか?

特に私のような初心者は、過去にどのようなストーリーが展開されていたのか、どのような因縁があったのか非常に気になり、日々グーグル先生に教えてもらっていたりします。

 

そこで、私はこんな提案をしたいです。

 

 

 

定期的に過去試合の紹介をしてください!!

 

 

 

今の新日本プロレスワールドは、ビデオが棚に陳列されているだけで、私のような初心者にとってはどれから手にとって良いかわからないんですよね。

言ってしまえば、不親切なTSUTAYA(色々失礼)

この現状、どうにかならないものですかねえ。。

 

メイ社長も仰ってたやつです!

メイ社長は以前、インタビューでこんなお話しをされておりました。

 

「地理的、日程的に会場で生観戦できないお客さまに新日本ファンになっていただくための大事なツールが、新日本プロレスワールドです。

ただ、試合映像は豊富なストックがあるのですが、その試合に至るまでの流れを追ったコンテンツがあまりに少ないのはなんとかしたい。今の状況を映画にたとえれば、ラスト10分のクライマックスシーンしか見られないようなもの。伏線になる背景や登場人物のキャラや両者の関係までわかれば、ヤマ場をより面白く楽しめるじゃないですか。

私はトップ選手だけでなく、ベテランや若手にも脚光を浴びてもらいたい。彼らの試合のバックグラウンドがわかるコンテンツを増やせば、ファンはもっとそれぞれの選手に感情移入できるし、選手たちのブランド価値も上がります。そう、新日本にとって彼らは大切なブランドなんです」

出典:週プレNEWS

headlines.yahoo.co.jp

 

このインタビューが掲載されたのが約2ヶ月前、私の記憶ではその前にもこんなお話しをされていた様な気がしています。

私の知る限りでバックグラウンドがわかるコンテンツとして公開されたのは、Youtubeチャンネルで「The Recount」という表題の数本の動画のみ。(見逃してたらすみません)

 

www.youtube.com

 

イマイチコンテンツが充実していないなあと感じております。

 

ちょっくら考えてみました

せっかくの機会ですので、私の少ない脳で考えた案をご紹介させてください。

 

①「有田と週刊プロレスと」に便乗作戦

恐らくプロレスファン界隈で知らぬ者はいないであろう大人気コンテンツが「有田と週刊プロレスと」です。

その大人気ぶりはアマゾンプライムのカスタマーレビュー欄に表れています。

シーズン1のカスタマーレビューが414件、その中で約88%にあたる363件が星5つを付けているのです。(2018年11月15日現在)

同じアマゾンプライムオリジナルのバラエティである「ドキュメンタル」の星5つ率が約27%である事からも「有田と〜」の傑出度が伺えます。(まあ分母となるカスタマーレビューの件数は違いますが)

 

この番組が凄いのは、有田さんの口から語られるプロレスについての情報量。

メイ社長に倣って映画に例えると、ラスト10分に至るまでのストーリーはさる事ながら、主演俳優の過去作品、さらには公開当時の時代背景まで紹介してしまっているのです。

 

ではどのようにこの超優良コンテンツを活用するのか。

 

簡単です、便乗すればいいんです…!

 

私は新日本プロレスワールドと「有田と〜」はお互いの弱点を補うことができると思っています。

新日本プロレスワールドの弱点は、上述の通りバックグラウンドがわかるコンテンツがない事、一方で「有田と〜」の弱点はプロレスの映像を使っていない(使えない?)事です。

有田さんがどんなに新日vsUインターの対抗戦の魅力を語っても、内藤について熱弁しても、すぐに映像が観られないもどかしさを感じてしまいます。

そこで出番なのが新日本プロレスワールド。

「有田と〜」で新日本プロレスの事が取り上げられた際に、すぐツイッター等で新日本プロレスワールドの試合動画のリンクを拡散する、もしくは「毎週1本無料配信」で取り上げてしまう出血大サービスをすれば、Win-Winだと思うのです。

 

来週の無料配信はオカダvs天龍でキマリですね!!

 

 

ただ、こんな理想を書くのは簡単ですが、オトナの事情で実現は難しいのかなあ。。

 

②一言紹介で視聴者アップ作戦

もう1つの案はシンプルに、試合の紹介文を書きましょう!という事です。

そんな大層なものでなくて良いと思うんです、なんならツイッターで書ける文字数程度でも。

時には試合の背景や見どころを熱く書いてみたり、時には「ヴィレバンのポップ」のように宣伝になるのかならないのかわからない様な事を書いてみたり。。

気づいたら過去の試合紹介自体が楽しみになる様な面白い文を書けば、自ずと新日本プロレスワールドの会員は増えるのではないでしょうか。

 

文才ある方、がんばって!!

 

まとめ

かましくもこの様な提案をさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか。

プロレスってファン歴や性別、趣味趣向等々で様々な見方ができると思うんです。

全てのファンを満足させるコンテンツを作るのは難しいと思いますが、少しでも多くのファンに、新日本プロレスにお金を払いたい!と思ってもらえる様に努力してほしいですね。(謎の上から目線)

 

読み返すと「有田と〜」について熱く語り過ぎですね。笑

本当に面白いと思っているコンテンツなので、また別の機会に改めてご紹介させて頂きたいなあと思っています。

 

まさか、まだ観てない方はいませんよね?

「有田と週刊プロレスと」はこちらから!!

 

 

ご覧頂き有難う御座いました。

 

【楽天マガジン】週刊プロレスが月額380円(税抜)で!

【闘魂SHOP】新日本プロレスグッズはこちらから!!

 

このブログは今何位?下のリンクからチェック!


人気ブログランキング

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村