雪崩式フランケンシュタイナー

新日本プロレスファンの「贅沢な時間」をもっと贅沢にするブログ

【感想】いまのタナが最高だ!

 

10月1日0時20分から放送された情熱大陸で取り上げられたのは、なんと棚橋弘至!!

 

オカダのアナザースカイ出演に続き、地上波でプロレスが取り上げられる機会が増えていますねえ。

 

プロレス人気を牽引する棚橋の知られざる姿が情熱大陸で見られることを楽しみにしていました。

 

 

疲れない男、棚橋弘至

放送スタート!!

知られざる…ん?なんかおかしいぞ。。

既視感のある絵づらの数々。。

理由はすぐにわかりました。

だってSNSで私生活を公開しまくってるんですもん。

 
 
 
View this post on Instagram

今日の #編み込み は細かかった🌴 #神戸 #コーンロウ #ビビディブー

棚橋弘至さん(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿 -

 

 

 

wear.jp

 

WEARの投稿は、ランキング上位に上がってきたときにちょうど見たので良く覚えています。笑

プロレスを広めるため、休むことなく棚橋弘至という人間を発信し続けている涙ぐましい努力を改めて感じました。

 

落ち込まない男、棚橋弘至

しかし、笑顔を絶やさぬ新日本プロレスの太陽にも切っても切り離せない影が。

それは右ヒザの怪我

G1決勝戦の試合前、「痛み止めを打とうかな」と話す棚橋の表情からは、もはや受け入れるしかないという諦めのような複雑な感情が読み取れました。

 

あきらめない男、棚橋弘至

それでも棚橋は諦めません。

試合では、自分の身を削るように飛んで、飛んで、飛んで

f:id:avalan_ken:20181001011652j:plain

出典:新日本プロレスHP

すべては、 最高の試合を、最高の棚橋弘至を見せ付けるために。

あんたってやつはほんとかっこいいぜ!!

 

まとめ

最近の棚橋の試合を観ると、怪我の影響がかなり大きいことがよくわかります。

確かに昔よりも速く走れないかもしれない、できる技も限られるかもしれない。

でも、棚橋にはそれを凌駕するほどの圧倒的な表現力が備わっています。

その表現力の裏づけには、SNSでの自己プロデュース、そして棚橋というレスラーが歩んできた今までのプロレス人生があるのだと思います。

満身創痍の体を引きづりながら太陽のような笑顔でプロレス界を照らす男に、人々は自然と自然と感情移入するのでしょう。

 

「面白いっしょ? プロレス。」

はい!!!(大声)

 

ご覧頂き有難う御座いました。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村